FC2ブログ
Mage! Sage? Page:
小ネタ!ホラ噺?世間話:
ホネホネ・クロック



プロフィール

Author:Bettty
座右の名言集から
ひとーになんかぁつかまってもムダさ。流れてゆくだけ。
あんたは、ひとぉりぃさぁ。あたしが愛してあげるよ、今夜は。
(谷山浩子)



最近の記事



アクセスカウンタ



最新コメント



最近のトラックバック



アーカイブ カレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



FC2拍手ランキング



ページランキング

最近30日間のアクセスランキングです

ブログパーツ
全ランキングはこちら
トップページは除外しています



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



Amazon 補完計画



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

テオ・ヤンセン展

2009年に日比谷パティオ特設会場で開かれたテオ・ヤンセン展は行けなくて悔しい思いをしました。で、2年後のリベンジです。
何があるかっていうとストランドビースト(ビーチアニマル)というプラスチックチューブでできた動物のような動きをするヤツです。

ただ、どうも野暮ったい感じがしてたのも事実。
持ってなかったけどメカニマル(メカモ)を見て育ってる世代(?)ですよ。
(→復刻したメカモについてはこちらから
リンク機構を使う動きならもう少しスマートに動かせるんじゃないかな…とか。


とはいえ、ビーストたちも進化しているようです。

第一世代:風に押されて動く(歩く)。
第二世代:風の力を回転力などに変換してから動きに変える。
第三世代:空気を圧縮してペットボトルに溜められる。風がなくても動ける。

ざっとこんな説明でしたか(間違ってたらごめんなさい)。
最近のには触覚で障害物や水を検知して反対側へと動くビーストもあるようです。
ボディ形状ではありませんがいろいろと変わっているんですね。


会場の日本科学未来館ではミニビーストを単体で売ってました。
(ここら辺、日本人が得意なとこだし、いつ出るかと思ってました)
下記の科学マガジンの発売を待ってもよかったのですが買いました。作りました。動かしました。(ちなみに単体は2500円)
大人の科学マガジン Vol.30 (テオ・ヤンセンのミニビースト) (Gakken Mook)大人の科学マガジン Vol.30 (テオ・ヤンセンのミニビースト) (Gakken Mook)
大人の科学マガジン編集部

学習研究社 2011-01-14
売り上げランキング : 72

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



クリックして拡大します。リンク機構はわからないけどね。
パーツはもっとプラっぽいクリーム色。羽根は白です。

で、やっぱり重たいです。
これを風力で動かそうってのはどうよ?(歯車2つかましてトルクを上げてます)
風車の反対に伸びている棒は、風車を外して指でつまんで回転させて動かすためのもの。
こっちの方が軽々と動くかな。2つ×6組の足を持つだけにバランスは取れているんでしょう。

風の力がこの図体に対して弱いと書きましたが、逆にオランダではそれほど強い風が吹くのでしょうか?行ったことないのでわかりませんが風車の国ですよね。
重さも強度を求めた結果かもしれません。

いろいろ疑問を残しつつ今日はこれまで。
楽しかったですよ。
web拍手 by FC2

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://btty.blog41.fc2.com/tb.php/172-89bf9b01



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。